性病はなかなか気づきにくいものがあったり男女差で症状が違っていたりしますのですぐに判断できないときもあります。少しでもおかしいな?と思ったらまずは疑ってかかるようにして早めの治療を心がけるようにしてください。

性器にかゆみを感じたり症状がなくても性病の恐れが

近年10代~20代の性病感染者が増加傾向にあります。性病に感染すると陰部に痛みやかゆみが生じたり、イボのようなできものが出来たり、発疹が生じたりするケースもあります。しかし一番怖いのが症状が現れないまま病状が悪化してしまうことです。性病の治療を行う上で、抗生物質や抗ウイルス薬などを用いりますが、それ以外にも軟膏の塗布、点滴などの治療方法もございます。また重症化の場合には手術などが必要となる場合もありますので、もし性感染症の疑いや性感染症と診断された場合には早期に治療を開始しましょう。また近年流行傾向にあるのがクラミジアという性感染症です。このクラミジアの治療に病院で処方されるお薬にジスロマックがあります。ジスロマックは非常に効果が高く、副作用も少ないため子供に対しても活用される優秀なお薬です。例えばクラミジアの治療の治療にジスロマックを用いる場合、1回の服用で1週間後にはクラミジアの治療が完了します。ジスロマックは服用する時間なども本人の意思で飲みたい時に飲むことができるため非常に飲みやすいお薬です。また先ほども述べました通り性病は早期治療が重要であり、早い段階で治療を開始することで重病化のリスクもなく治療期間も短く済みます。その為、もし性器にかゆみを感じた場合や痛みが生じる場合には一度病院などで性病の検査を行ってみると良いでしょう。また性病の検査は自宅でできる検査キットなども販売されていますので、例えば病院へ行くのが嫌という方やちょっと不安という方でも安心して検査が行えます。また性病に感染しないための事前の予防や不特定多数の方と性行為を行うなど性感染症に対する理解とリスクを学ぶことも重要です。