性病はなかなか気づきにくいものがあったり男女差で症状が違っていたりしますのですぐに判断できないときもあります。少しでもおかしいな?と思ったらまずは疑ってかかるようにして早めの治療を心がけるようにしてください。

性病の匿名検査より自宅で検査キットが便利

性病検査は医療機関や保健所に行けば受けることができますが、日本社会で性病に対するネガティブなイメージがいまだに根強いこともあり、検査を受けることそのものに抵抗がある人が少なくありません。しかし、性病も他の多くの疾病と同じように、検査を受けるのを拒み続けると気がついたときに症状が悪化している可能性があり、配偶者や恋人がいる場合はその人に病気がうつってしまう可能性もあります。
性行為を行ってしばらく経ってから身体に異変を感じるようになったのであれば、すみやかに性病検査を受ける必要がありますが、どうしても検査に対する抵抗感が払拭できない人に便利なのが「性病検査キット」と呼ばれるものです。これは、業者から送付されてくる検査キットをつかって検体を採取し、業者にその検体を返送すれば、衛生検査所で検体を詳細に調べられ、性病の有無がわかる仕組みになっています。
性病検査キットの最大のメリットは、自宅に居ながらにして医療機関や保健所で受ける場合と同じかそれ以上の内容の検査を受けられる点ですが、匿名性の高さもメリットとして挙げることができます。検査キット一式と検査結果が入った書類は、注文者に同居人がいることに配慮し、送り状の品物名と差出人名については検査キットだとわからないような名称が記載されて送られてきます。また、実際の検査は衛生検査所にいる臨床検査技師が行いますが、彼らは届けられた検体が誰のものかわからない状態で作業を行うため、仮に衛生検査所で働く知り合いがいたとしても、その人に検査を受けた事実が知られることはありません。本人以外に検査を受ける事実が知られないような仕組みが整っているため、性病検査に対する抵抗が強い人も安心して検査を受けることができます。